JQAA
JQAAとは? JQAA研究会 活動報告 JQAA通信
JQAAの理念 アセッサージャーナル 過去の宝物 お問い合わせ
理事長挨拶 実践研究会 復刻版 経営品質の疑問100問100答 リンク集
JQAA通信(melma版)を希望される方は、下記にメールアドレスを入れて「送信」を押してください。

 

         powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
運営委員
セミナー・講演会
JQAA通信
アセッサージャーナル
実践研究会
組織概要
コンテンツ
お問い合わせ
 HOME − 復刻版 経営品質の疑問100問100答 - Q 11 − Q 15
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
 カテゴリ
このカテゴリ関連の情報
カテゴリ FAQ
 Q 11 − Q 15
5

 FAQ
以下はカテゴリ内に掲載されているFAQです。
なお、(  )の中はオリジナル時の質問番号です。
回答は、現在での正解ではないかもしれませんが、「復刻版」という味わいをご理解いただき、ご一読いただければ幸いです。
回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 03-Sep-2011 14:44 (737 回閲覧)
一言でいえば…
現在のところ向いている企業は営利を目的としている企業である。非営利企業(組織)の評価システムが構築されていないので非営利企業は向いていないといえます。

より詳しく言えば
JQAのモデルであるMB賞は米国国家品質賞として、営利企業の体質改善を目的に設定されています。しかし、設定以来、米国産業界の発展に大きく貢献していることは実証されたので、政府も、医療や教育など非営利企業、組織へのMB賞の審査基準適合の可能性の実験・試行を行い始めました。近い将来、米国は政府を含め非営利企業、組織に適合するMB賞が作成される事は間違いありません。
参考までに非営利部門対象の品質保証システムとしてはISO9000Sも有効であり、世界各国で採用されています。

社内説得の際のワンポイント・アドバイス
JQAは営利企業対象、I SO9000Sは営利、非営利企業、組織のいずれにも適用されている品質システムです。


回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 03-Sep-2011 14:46 (669 回閲覧)
一言でいえば…
受賞の可能性はゼロではありませんが、難しいでしょう。

より詳しく言えば
日本経営品質賞は、「顧客視点での経営の仕組みが確立され、成果をあげているか」が審査のポイントとなります。従って、顧客区分を明確に定義し、その顧客満足の向上に向けて経営の仕組みが確立され、かつ極めて優れた成果をあげていれば受賞の可能性はゼロとは言えません。
ただし、最終受益者(損益者?)である国民を顧客として考えなければならないことと、同賞の審査基準の中心的な考え方に「環境や社会に対する責任」という項目あることを勘案すると、軍事産業は、大きなマイナスであることは否めません。審査基準2「経営における社会的責任」の特典は著しく低いスコアになるでしょう。従って、よほど(特定の)顧客志向経営の仕組みが確立され、その内容が卓越しており、かつ大きな成果をあげていればもしかしたら受賞できるかも知れませんが、現実的にはかなり難しいでしょう。


回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 03-Sep-2011 14:48 (642 回閲覧)
一言でいえば…
結論から言えば、あった方が良いでしょう。JQA審査基準はリエンジニアリングをする際の事前診断・事後診断の役割を果たすものであると言えるでしょう。

より詳しく言えば    
リエンジニアリングを取り組むと言っても、どの業務を対象にリエンジニアリングをするのでしょうか。恐らく戦略的な重点施策に関連した業務のリエンジニアリングを優先していることと思います。それではリエンジニアリングを導入すれば、JQA審査基準は無くてもいいのでしょうか。
結論から先に申し上げますと、あった方がいいと思います。その理由は以下の通りです。
(1) リエンジニアリングをする際の事前経営診断の役割を果たし、改善余地のある業務を見つけ出すことができる。
(2) 改善余地のある業務の「どこに問題があるのか? なぜ問題なのか?」が明確になる。しかも、企業全体の経営という視点からの問題点を把握することができる。従って、部門の問題が部門内の問題にとどまらず、部門横断的な問題として認識され、常に他部門と共有化することができる。
(3) リエンジニアリングの成果を計ることができる。換言すれば、リエンジニアリングの進捗管理をより経営全体の視点から捉えることができる。
JQA審査基準では、継続的にリエンジニアリングをやっている企業、かつ、リエンジニアリングの際、十分に社内の関連部署の声を尊重し、取り入れている企業が高く評価されます。しかし、JQA審査基準では、リエンジニアリングの細かい方法論に関しては、全く問われておりません。どのようなリエンジニアリングのアプローチを採用しても構まわないということです。


回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 03-Sep-2011 14:50 (724 回閲覧)
一言でいえば…
応募企業名や応募企業の実態などの機密は、契約により徹底して保持されます。

より詳しく言えば
申請にあたっては、提出した情報はもちろんのこと、全て機密事項として取り扱います。また、担当する審査員は、現在の利害関係を考慮し、人材を選考致します。
経営品質報告書の記述にあたっては、取引上の機密事項の情報については、記述する必要はありません。
以上のことは、申請書を取り交わすとき、契約条件として明確にしております。


回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 03-Sep-2011 14:55 (779 回閲覧)
一言でいえば
JQAは、優れた企業体質に近づいたかを「評価し、与える賞」である。TQCは、優れた企業体質により早く到達する為の「有効な改善手法」といえます。

より詳しく言えば
我々が自分自身を優良健康体に改造するには、通常、次の3つのステップを行うことで実現できます。
(1) 良好な健康体の目標を明示し、優れた医者や、測定機器、測定法によって、自分の身体の健康度を診断(見立て)する。通常定期的に行う「人間ドック」がその1例である。JQAは、最高水準の経営体質や体質を構成している仕組み「経営品質」と考え診察、診断する。最高の経営体質を持つ企業を、専門の審査員によって「見立て」、高水準の企業体質を実現している時に、与えられる「経営品質賞」である。
経営体質は、自分でも診察、診断ができますが、名医の作った「自己診断チェックリスト」があれば、より正確により早く「自己診断」ができる。JQAをより効果的に活用するために、JQAの評価基準でセルフチェックをすすめているのは、この理由によります。
(2) 健康体質の診断の結果、健康体に比較して、いろいろな病気(問題点)が発見されると、早速治療(改善)活動に入り、健康体を目指して治療を始める。
治療方法も、軽度の病状なら、漢方薬とか、薬の服用、日常の生活態度の改善によって治療できます。
しかし、症状が重い場合、手術(革新)などによる専門的治療も必要になります。TQCは、経営体質の悪さを発見し、優良健康体質に近づける為に有効な改善手法であり、治療の為の道具が用意されています。
西洋医学である統計的手法や、東洋医学ともいうべき、トップ診断、方針管理、QCサークルなどによる「継続的な改善活動」ができます。より早く、健康体質に回復、治療できるしくみも揃っています。
従って、TQCは、企業を構成している一人一人が改善目標をもって、着実に改善を進めていくための「ツール」であり、病気を治療する手法です。
(3)TQC活動で、治療し回復したといっても、正しく適切な生活を実行していないと、病状が再発する恐れがある。再発を防ぐには、優良企業体質を維持するためのしくみが必要である。そのしくみがISO9000シリーズの国際標準である。日常の正しい生活システムを標準化し、文書化し、きちんと守るしくみといえる。
この仕組みを作れば、病気が再発することはまずあり得ませんが、目を離しているスキに、暴飲暴食等をして体調を崩すことも考えられるので、ISO9000シリーズの認証を得た後、専門医(審査員)が原則として6ヶ月1回、巡回チェック(サーベランスという)をして、優良企業体質のしくみを守っているかを点検しています。つまり、しくみを守っているかを点検、チェックするしくみを持っているわけです。

社内説得の際のワンポイント・アドバイス
このように3つの手法を比較してみると、一口に言えば、JQAは「名医の見立て」、TQCは「効果的な治療方法」、そしてISO9000シリーズは、「健康体質を維持するしくみ」ということができます。 理想的に言えば、三つの手法を上手に組み合わせて活用することによって、最短の時間を経済的な費用で、優良企業を実現することができるといってもいいわけです。



Copyright (C) 2010 JQAA. All Rights Reserved. Supported by bizknowledge