JQAA
JQAAとは? JQAA研究会 活動報告 JQAA通信
JQAAの理念 アセッサージャーナル 過去の宝物 お問い合わせ
理事長挨拶 実践研究会 復刻版 経営品質の疑問100問100答 リンク集
JQAA通信(melma版)を希望される方は、下記にメールアドレスを入れて「送信」を押してください。

 

         powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
運営委員
セミナー・講演会
JQAA通信
アセッサージャーナル
実践研究会
組織概要
コンテンツ
お問い合わせ
 HOME − 復刻版 経営品質の疑問100問100答 - 最新のFAQ
SmartFAQ is developed by The SmartFactory (http://www.smartfactory.ca), a division of InBox Solutions (http://www.inboxsolutions.net)
 カテゴリ
このカテゴリ関連の情報
カテゴリ FAQ
 最新のFAQ
JQAA通信で紹介した最新の5つの質問です。
5

 FAQ
以下はカテゴリ内に掲載されているFAQです。
なお、(  )の中はオリジナル時の質問番号です。
回答は、現在での正解ではないかもしれませんが、「復刻版」という味わいをご理解いただき、ご一読いただければ幸いです。
最新のFAQ ]
回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 16-Feb-2013 15:03 (818 回閲覧)
一言でいえば
それぞれの企業の規模、業態により、社内啓蒙・教育のやり方は異なると思います。
また、推進リーダを育成するのか、会社幹部に一般的なことを知ってもらうのかなど、目的により、方法も異なります。一律的な回答はできません。

より詳しく言えば
上述で述べましたように、ケース バイ ケースで教育の方法が異なります。従い、一般論としての社内導入・展開に向けた効率的な教育方法についての回答は困難です。
しかし、啓蒙・教育をするには飛鳥・時間がかかります。従って、効率的に行うことは当然考える必要があります。そのためには、次のことを考慮したら良いと考えます。
(1)核になる専門インストラクターを育成すること。正しく教育するためには、審査基準を明確に理解しているインストラクターが必要です。外部の専門家を活用する方法もあります。
(2)教育の目的・レベルを明確にし、教育メニューを作成すること(階層別、担当別、etc.)。
(3)教育ツールを整備すること。これには、市販のツールを調査し、良いものを活用すること。


最新のFAQ ]
回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 16-Feb-2013 15:03 (629 回閲覧)
一言でいえば
(1)評価コメントを公表し、全員で共通認識し、改善改革目標を設定する。
(2)方針管理とその展開へ具体的に組み込みPDCAを廻す。

より詳しく言えば
(1)受審後の評価コメントを関係部門全員に伝達し、共通認識の上に立って、改善改革の目標を設定する。
(2)方針管理に反映させ、強みを伸ばし、改善領域はその改善方法・項目を明確にし、各管理レベルに応じて、月、半期、年単位で実践・評価・見直しを図って成果に結びつける。
(週単位で会議を持つ場合には、簡潔に進捗確認がなされてもいい)

社内説得の際のワンポイント・アドバイス
(1)強み、弱みを全員で共通認識し、一体感をもって改革に取り組むこと。
(2)改革の内容・方法・管理項目を明確にし、タイムリーな評価・改善を実現すること。


最新のFAQ ]
回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 16-Feb-2013 15:04 (582 回閲覧)
一言でいえば
変化する経営環境に常に対応し、経営品質を向上させることは「終わりのない旅」である。受賞は通過点であり、新たな改革へのスタートである。トップより全員が、その認識になることが全てを決する。

より詳しく言えば
受賞することが目的でなく自己改革により全社プロセスにおいて経営品質を向上する継続的なプロセスを自らの責任において実行することに意義がある。
「Q&A92」で述べた仕組みのほか、フォローアップやタイミングをいう点では、評価コメントで出された改善領域だけを6か月の短期フォローアップするのも有効な方法である(デルタ・アセスメントと呼んでいる)


最新のFAQ ]
回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 16-Feb-2013 15:04 (683 回閲覧)
一言でいえば
特に規定はないが、良識に従って、国際的に権威ある日本経営品質賞の受賞企業に相応しい内容であること。

より詳しく言えば
日本経営品質賞の受賞企業に相応しい内容で、本賞の趣旨に沿ったものをPRする。表彰年度を入れた日本経営品質賞のロゴマークの表示を含め「表彰の栄誉」と「認められた経営品質の卓越性」を良識に従って、広報、広告に活用できる。
顧客が評価する社会的責任、良識が制約のポイントとなろう(受賞企業として、誇りある内容に心がけること)。


最新のFAQ ]
回答者: Jqaa_admin 掲載日時: 16-Feb-2013 15:06 (509 回閲覧)
より詳しく言えば
権威ある日本経営品質の「品位を保つ表現」で、表示することが好ましい。日本経営品質賞のロゴマークと表彰年度、「受賞企業に相応しい内容」であれば、問題ありません。



Copyright (C) 2010 JQAA. All Rights Reserved. Supported by bizknowledge