JQAA
JQAAとは? JQAA研究会 活動報告 JQAA通信
JQAAの理念 アセッサージャーナル 過去の宝物 お問い合わせ
理事長挨拶 実践研究会 復刻版 経営品質の疑問100問100答 リンク集
JQAA通信(melma版)を希望される方は、下記にメールアドレスを入れて「送信」を押してください。

 

         powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ
運営委員
セミナー・講演会
JQAA通信
アセッサージャーナル
実践研究会
組織概要
コンテンツ
お問い合わせ
 HOME − 過去の宝物
終了した活動

JQAA大学

        ## JQAA大学スケジュール ##


【2005年度実績】

JQAA研究会 ( 4月17日開催) の参加のお礼       (新)
JQAA夜間大学 テーマタイトル:”効果的な経営革新のために
「学習する組織の実践力を学ぶ」”第2日目  は、50 名の方に
参加を頂き、好評裏に終了いたしました。   ご協力有難うございました

JQAA夜間大学 第2日目 ( 4月17日開催)のお知らせ   (再)

 本年度、第3回JQAA大学を下記により予定通り開催いたします。

 「学習する組織」 5つの能力 第2日
          (第1日を欠席された方も歓迎します。)
テーマタイトル:
 効果的な経営革新のために「学習する組織の実践力を学ぶ」 ?
      − チーム学習、システム思考、 組織の行き詰まりを打破する
         7つのステップ、   グループ学習ワークショップ付き−
  日時: 4月17日(月)  18:00〜21:00
  場所: 御茶ノ水 総評会館 千代田区 神田駿河台 3-2-11
  (JR御茶ノ水駅 聖橋出口 5分、又は、地下鉄千代田線 新御茶ノ水 B3)
   → 総評会館の地図はこちら http://www.sohyokaikan.or.jp/
                 電話;03-3253-1771(代)
  資料: 当日配布。
      ピーター・センゲの”学習する組織「5つの能力」”(フィールドブック
      ¥3,000) を事前に目を通し、参加されることを お勧めします。
  定員: 70名 (教室の都合により先着70名まで)
  費 用: 4,000円

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
申し込み先 jqaa-daigaku (担当理事:岩田、中井、内藤)
お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。難しい名前は、振り仮名付き
で願います。   メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、jqaa-daigaku
に お願いいたします。

JQAA研究会 ( 3月10日開催) の参加のお礼       (新)
 JQAA夜間大学 テーマタイトル:”効果的な経営革新のために
   「学習する組織の実践力を学ぶ」”第1日目  は、54 名の方に
  参加を頂き、好評裏に終了いたしました。   ご協力有難うございました

JQAA大学 ( 2月23日日開催) の参加のお礼       (新)
 JQAA大学 テーマタイトル:
      「記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術」
 は、74 名の方に参加を頂き、好評裏に終了いたしました。
  ご協力有難うございました

JQAA大学   ( 2月23日開催) のお知らせ (再)
  本年度第1回のJQAA大学を以下により開催いたします。

テーマタイトル: 記憶力・発想力が驚くほど高まるマインドマップ・ノート術
           <講義&演習>
概要:  脳をクリエイティブな状態にし、発想力・表現力・記憶力・記録力を
     驚異的に高める方法として、トニー・ブザンが考案した「マインドマップ」
     が流行っているのは、皆様もご存知のことでしょう。
       しかしながら、巷ではマインドマップの本質を理解しないまま、自己流
     で使っているために、あまり効果が出ていない方が多いようです。
      そこで、今回は、マインドマップの専門家をお呼びして、マインドマップ
     の本質的な意義、作成方法、効果を高めるための留意点などをご紹介
     いたします。
      皆様の個人的生活やお仕事の上で、必ずお役に立つスキルです。
     どうぞこの機会にご参加ください。
      「参加者へのお願い:3色以上のカラーのペンを持参下さい」

講師: ウィリアム・リード氏
     ブザンジャパン社ディレクター。ブザン・リミテッド公認マスタートレーナー。
     アメリカ、ミズーリ州に生まれる。1972年早稲田大学交換留学生として来日。
     日本語、合気道、書道を同時進行で習得する。翻訳・通訳、ジャーナリスト
     を経て、2005年1月、世界で5人目のブザン・リミテッド公認マスター
     トレーナー資格を取得し、ブザンジャパンを設立。
      ※日本語による講義です。

ポイント:経営革新を進めるさいの発想法として、特に、組織プロフィールを作成する
     際に効果的と言われています。経営革新のアイデイア創出などに図を使って
     効率的に行う手法を、その道の トッププロ から学ぶまたとない機会です。
     奮ってご参加下さい。お待ちしています。

日時: 2006年 2月23日(木)  13:00〜17:00
場所: 御茶ノ水 総評会館 千代田区 神田駿河台 3-2-11
  (JR御茶ノ水駅 聖橋出口 5分、又は、地下鉄千代田線 新御茶ノ水 B3)
→ 総評会館の地図はこちら http://www.sohyokaikan.or.jp/
                 電話;03-3253-1771(代)
定員: 120名
     残席が少なくなってきました、お早めに申し込み下さい。
費 用: 6,000円 (会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします)

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
申し込み先 jqaa-daigaku (担当理事:岩田、中井、内藤)
お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。難しい名前は、振り仮名付き
で願います。   メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、jqaa-daigaku
に お願いいたします。


JQAA大学 (2月17日、3月17日開催)のおしらせ
テーマタイトル:
経営革新を推進する際に直面する様々な課題の「全体地図」を理解する
”学習する組織:「10の変革課題」: を学び、組織改革を成功させよう”

概要:   ピーター・センゲの著書”最強組織の法則”のフィールドブック第2弾
     ”学習する組織 「10の変革課題」”は、組織を人間のコミュニテイという
     「生きたシステム」としてとらえることと、多くの改革事例の解析から
     これらの10の変革課題を発生させる力と、それらに対処する戦略の
     事例をシステムダイナミックスを活用し、提示してくれています。
      組織改革を促進する中心メンバーであるアセッサーは、組織能力を
     向上させ、改革を成功させる道筋の考え方を示してくれている本書を
     学ぶことは大変意義のあることと思います。

     経営品質アセッサーフォーラム ”学習する組織ワーキンググループ”
     では、学習する組織:「5つの能力」に続きこの著書(2004年6月刊行)
     {原書名:Dance of Change:変化のダンス}に再度挑戦してきました。
      その成果をアセッサーの皆さんに易しく紹介し、皆さんの経営革新
     の役立てて頂こうと、以下の2回に別けてセミナーを開催いたします。

     講義とフィールドブックに順じたワークショップの効果的な組み合わせ
     で、変革課題に対処する考え方をアセッサーの皆さんに学んで頂き
     経営革新を推進する「全体地図」をご理解頂けるように構成しています。
      最初は、事前準備無くても参加できますが、最後は、しっかりと、
     組織能力向上の様々な課題に対処する考え方を身に付けるでしょう。
     多数のアセッサーの皆さんの参加をお待ちしております。

講師: 学習する組織ワーキンググループ
     (経営品質アセッサーフォーラムの理事を中心とするメンバーです。
      各ワークショップのグループに講師として付き、指導させて頂きます)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第1回 : ”「10の変革課題」:を学び、組織改革を成功させよう”
2月17日(木)に開催され、”「10の変革課題」:導入時の課題:「時間がない」
「孤立無援」「意味がない」「言行不一致」について学び、50名の方に参加頂きました。
講義と活発なワークショップが、行われました。参加者は多くの気づきが得られたと
思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第2回 : ”「10の変革課題」:を学び、組織改革を成功させよう”
 ?−変革を維持するための課題:「恐れと不安」「評価と測定」
    「改革者と部外者」、変革の成果が出始めた時期の課題:「ガバナンス
    (統治)」「普及と浸透」「戦略と目的の再考」 グループ学習による
    ワークショップ付き−

 日時: 3月17日(木)  13:00〜17:00
    場所: 明日館  大講堂
    → 明日館の地図はこちら
http://www.jqac.com/Website.nsf/8F7DCAA81E4EBB6E49256D790047E84C?OpenPage

    資料: 当日配布。ピーター・センゲの”学習する組織「10の変革課題」”
        (フィールドブック ¥3,000) を事前に目を通し、参加される
        ことを お勧めします。
    定員: 70名 (教室の都合により先着70名まで)
        未だ多少余席がございますが、急ぎ申し込み下さい。
        第1日目に参加されないで、初めて参加される方でも、少し厳しいですが
        ついて行けるように配慮します。
    費 用: 6,000円

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-daigaku (担当理事:岩田、中井、熊谷)
  お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。出来れば振り仮名付きで
  願います。  メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

費用支払方法:  会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします。
本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、jqaa-daigaku
に お願いいたします。   


JQAA大学 (2005年4月14日開催) の予告
テーマ:演習「アクションラーニング」
概 要:
概 要:
 いま<問題解決+個人と組織の学習成長>を同時に促進する技法「アクションラー
ニング」が注目されている。現実の問題の本質を見極め解決を図るプロセスの中で
個人のコミュニケーションスキルとチームの協働能力を同時に開発してしまう画
期的方法で、「考える経営」「自由闊達なコミュニケーション風土」など<学習する
組織づくりに欠かせない。課題解決の対話セッションにおける内省を通じてメンバーは
自他の内面に気づくとともに、論点が短時間のうちに整理され問題の本質が明らかになり、目指すべ
きゴールがメンバー間で合意され、効果的な実行計画が立案されるので実効性が極め
て高い。米国ではGEがリーダー育成に採用して重要な役割を果たした。JQA受賞企業で
も導入がはじまっている。
講 師:GIALジャパン代表の清宮普美代氏
日 時:2005年4月14日(木)13時〜17時
場 所:明日館
→ 明日館の地図はこちら
http://www.jqac.com/Website.nsf/8F7DCAA81E4EBB6E49256D790047E84C?OpenPage

定員: 55名 (教室の都合により先着55名まで)
    費 用: 6,000円

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-daigaku (担当理事:岩田、中井、熊谷)
  お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。出来れば振り仮名付きで
  願います。   メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

費用支払方法:  会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします。

本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、jqaa-daigaku
に お願いいたします。


*****************************************************************
【2004年度実績】

 JQAA大学(1月19日開催) 参加のお礼
 テーマタイトル:経営革新のスキル 「ファシリテーション」 を学ぼうは、1月19日、
約50名の参加を頂き、好評裏に終了いたしました。ご協力有難うございました。

JQAA大学(2005年1月19日開催) 開催の知らせ 
本年度、第5回目の JQAA大学を下記により開催いたします。

テーマタイトル:
   経営革新のスキル 「ファシリテーション」 を学ぼう
    {10月29日(金)開催の上記テーマは、募集開始後、数日で満席と
     なり、多くのお申し込みを断りしましたので、再度開催します}

講師: 株式会社 ピープルフォーカスコンサルティング
           プロフェッショナルアソシエイト 大川恒氏

概要:
  世の中の状況変化が激しい現代においては、皆が協力して改革を
 進め、難問に対処していくことが重要です。
  ファシリテーションスキルは特にグループやチームで作業をする際、
 新しいアイディアを出しながら問題解決をはかれるよう、効果的に
 プロセスを管理するためのスキルです。
  講義とワークショップの組み合わせにより、ファシリテーターとはどう
 いうものなのか、必要な具体的なスキルにはどんなものがあるのかを
 理解していただくとともに, 演習を通じてファシリテーターのスキルを
 体験して頂きます。
  ファシリテーションを習得すれば、アセスメント活動や改善活動を
 促進できるようになります。

 前回(10月29日)では、最新の考えを取り入れた濃い内容の講義で、
 大変好評でした。
 前回申し込まれ、受付られなかった方は再度申し込みをお願いします。

日時: 1月19日(水)  13:00〜17:00
場所: 明日館 (みょうにちかん)  食堂
    → 明日館の地図はこちら
http://www.jqac.com/Website.nsf/8F7DCAA81E4EBB6E49256D790047E84C?OpenPage

定員: 55名 (チーム演習を行うため教室の都合により先着55名まで)
     55名の受付終了となりますので、お急ぎお申し込み下さい。
費 用: 6,000円

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-daigaku (担当理事:岩田、中井、熊谷)
  お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。出来れば振り仮名付きで
  願います。メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

費用支払方法:  会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします。

今回は都合によりビデオ撮影は行いませんのでご了解ください。

本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、 jqaa-daigaku
に お願いいたします。

 


JQAA大学 (11月17日開催) のお知らせ
本年度、第4回目の JQAA大学を下記により開催いたします。

テーマタイトル:「ラショナル・マネジメント」で思考プロセスを学ぼう

講師: ケプナー・トリゴー・グループ 米国本社パートナー
兼日本支社長 辻本 光邦(つじもと・みつくに)氏

概要:
 最近のアセッサーには、「考えること」の重要性が強調され
ています。その為には「論理的に考える」プロセスを身につけることが必
要です。 経営品質向上の環境下では迅速かつ的確なマネジメント上の
意思決定を迫られる状況が頻繁に発生しますが、マネジメントの標準には
問題解決と意思決定に関する実践的なノウハウを提供する機会が極めて
少ないのが現状です。
 意思決定のプロセスを目に見える形で合理的に行うことを提唱してきた
ケプナー・トリゴー・メソッド(KT法)=ラショナル・プロセス(合理的思考
プロセス)は40年以上にわたり世界中で活用されてきました。
 今回、JQAA大学では、ケプナー・トリゴー・グループ日本支社長 辻本氏
のご好意により、最新のKT法の理論の学習と、ワークショップを通じて
受講者に合理的な思考プロセスの理解と判断力向上のための実践的な
フレームワークを提供します。
 ラショナル・マネジメント・プロセスを習得すれば、アセスメント活動や改善
活動を促進できるようになります。

歴史的な背景:
ケプナーとトリゴーは、複雑で繰り返し起きる問題に対して効果的な決定を
下す意思決定者と、そうではない意思決定者の思考・判断の過程をつぶさに
観察し、分析したのです。この数千時間にも及ぶ研究の結果が、ラショナル・
プロセス(合理的思考プロセス)=ケプナー・トリゴー・メソッド(KT法)として
体系化され、企業組織に有効な思考プロセスとして浸透し、数千にも及ぶ
世界中の企業の経営課題を解決する支援をしてきました。その結果、多くの
成果が顧客企業の中で獲得されてきました。
(彼らの著書の「ラショナル・マネジャー」 (McGraw Hill,1965年)はビジネス
書としてまとめあげられ、世界の主要言語に翻訳されています。)

日時: 11月17日(水)  13:00〜17:00
場所: 明日館 (みょうにちかん)  食堂
    → 明日館の地図はこちら
http://www.jqac.com/Website.nsf/8F7DCAA81E4EBB6E49256D790047E84C?OpenPage

定員: 55名 (チーム演習を行うため教室の都合により先
着55名まで)55名で受付終了となりますので、お早めにお申し
込み下さい。
費 用: 6,000円

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み
願います。
  申し込み先 jqaa-daigaku (担当理事:岩田、中井、熊谷)
  お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。出来れば
振り仮名付きで願います。メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

費用支払方法:会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします。

本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、 jqaa-daigaku
に お願いいたします。

***************************************************
JQAA大学(10月29日開催) 満席 のお知らせ
テーマタイトル:
経営革新のスキル 「ファシリテーション」 を学ぼう
 講師: 株式会社 ピープルフォーカスコンサルティング
      代表取締役社長     黒田由紀子氏
      プロフェッショナルアソシエイト 大川恒氏

は、募集開始後、数日で55名満席となりました。 申し訳
ありません。更に申し込みをいただいた方にはお断りしてお
りますが、来年にでも再度開催するよう検討中です。 よろし
くお願いいたします
***************************************************

JQAA大学 (10月29日開催) のお知らせ
    本年度、第3回目の JQAA大学を下記により開催いたします。

テーマタイトル:
     経営革新のスキル 「ファシリテーション」 を学ぼう

講師: 株式会社 ピープルフォーカスコンサルティング
        代表取締役社長         黒田由紀子氏
        プロフェッショナルアソシエイト 大川恒氏
概要:
  世の中の状況変化が激しい現代においては、皆が協力して
 改革を進め、難問に対処していくことが重要です。
  ファシリテーションスキルは特にグループやチームで作業を
 する際、新しいアイディアを出しながら問題解決をはかれるよう、
 効果的にプロセスを管理するためのスキルです。
  講義とワークショップの組み合わせにより、ファシリテーター
 とはどういうものなのか、必要な具体的なスキルにはどんなものが
 あるのかを理解していただくとともに, 演習を通じてファシリ
 テーターのスキルを体験して頂きます。
  ファシリテーションを習得すれば、アセスメント活動や改善活動を
 促進できるようになります。

日時: 10月29日(金)  13:00〜17:00
場所: 明日館 (みょうにちかん)  食堂
    → 明日館の地図はこちら
http://www.jqac.com/Website.nsf/8F7DCAA81E4EBB6E49256D790047E84C?OpenPage

定員: 55名 (チーム演習を行うため教室の都合により先着55名まで)
     55名で受付終了となりますので、お早めにお申し込み下さい。
費 用: 6,000円

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-daigaku (担当理事:岩田、中井、熊谷)
  お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。出来れば振り仮名付きで
  願います。   メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

費用支払方法:  会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします。

当日は都合によりビデオ撮影は行いませんのでご了解ください。

本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、 jqaa-daigaku
に お願いいたします。

 


*********************************************************************
JQAA大学 (7月6日、8月3日開催) のお知らせ
 「学習する組織」 から学ぼう 第1回(4月22日開催)は、51名、 第2回
(5月25日開催)も定員の約50名の参加を得て好評裏に終了いたしました。
ご協力有難うございました。

所が、「学習する組織」から学ぼうに参加されて方々からも、これは組織の
革新を進める際に必須の知識であるとのご意見も頂いておりますし、
更に50名近くの方々がキャンセル待ちをしていただいておりましたので、
以下の要領で引き続き 7、8月に再度開催することにいたしました。
多数の方々の参加をお待ちしております。


テーマタイトル:”経営革新を推進するために 「学習する組織」 から学ぼう”

概要:  経営革新を進める場合、仕組みだけを構築しても進まないことが多々
     あります。組織の壁、前例や意識の壁にぶつかり立ち往生している
     組織や、推進事務局も多いのではないでしょうか。
      ピーター・センゲはその著書 ”最強組織の法則”や、フィールド
     ブック”学習する組織「5つの能力」” の中でこれらの問題を解決
     するだけでなく、更なる組織能力の向上を導くソフト面の考え方を
     提唱しています。
      経営品質アセッサーフォーラム ”学習する組織ワーキンググループ”
     では、この考え方を研究してきた成果をアセッサーの皆さんに易しく
     紹介し、皆さんの経営革新に役立てて頂こうと、以下の2回に別けて
     再度、セミナーを開催いたします。
      講義とフィールドブックに順じたワークショップの効果的な組み合わせ
     で、組織力強化の中心的な考え方をアセッサーの皆さんにご理解頂き、
     経営革新を推進するスキルをアップして頂けるように構成しています。
      最初は、事前準備無くても参加できますが、最後は、しっかりと、
     学習する組織のスキルを身に付けて頂けるでしょう。
     多数の皆さんの参加をお待ちしております。

講師: 学習する組織ワーキンググループ
     (経営品質アセッサーフォーラムの理事を中心とするメンバーです。
      各ワークショップのグループに講師として付き、指導します)

  第1回 : 経営革新を推進する為に 「学習する組織」 から学ぼう ?
      −導入、自己実現、メンタルモデル、共有ビジョン、チーム学習、
           それぞれにグループ学習によるワークショップ付き−
    日時: 7月6日(火)  13:00〜17:00
    場所: 明日館  上記【01】に同じ
    資料: 当日配布。必ずしも上記の本を事前に学習して来なくても
         良いように構成します。
    定員: 50名 (教室の都合により先着50名までで受付終了と
         させていただきます)  お早めにお申し込み下さい。
    費 用: 6,000円

  第2回 : 経営革新を推進する為に 「学習する組織」 から学ぼう ?
      −システム思考、 システムを体験するビールゲーム、
        システムを理解する言語(思考の仕組み)、システム原型、
        組織の行き詰まりを打破する7つのステップ、総括、
          グループ学習ワークショップ付き−
    日時: 8月3日(火)  13:00〜17:00
    場所: 明日館  上記【01】に同じ
    資料: 当日配布。ピーター・センゲの”学習する組織「5つの能力」”
        (フィールドブック ¥3,000) を事前に目を通し、参加される
        ことを お勧めします。
    定員: 50名 (教室の都合により先着50名まで)
     50名で受付終了とさせていただきますので、お早めにお申し込み下さい。
    費 用: 6,000円

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-daigaku (担当理事:南、岩田、中井)
  お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。出来れば振り仮名付きで
  願います。   メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

費用支払方法:  会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします。

原則、第1回、第2回セットで受け付けます。但し、何らかの理由で、前回の
何れかの回に参加出来なかった方はその様に申し込みください。
本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、 jqaa-daigaku
に お願いいたします。


-------------------------------------------------------------

 

**************以下は2003年度既に実施した分************************* 
JQAA大学 (5月25日開催)のおしらせ

テーマタイトル:”経営革新を推進するために 「学習する組織」 から学ぼう”

概要:  経営革新を進める場合、仕組みだけを構築しても進まないことが多々
     あります。組織の壁、前例や意識の壁にぶつかり立ち往生している
     組織や、推進事務局も多いのではないでしょうか。
      ピーター・センゲはその著書 ”最強組織の法則”や、フィールド
     ブック”学習する組織「5つの能力」” の中でこれらの問題を解決
     するだけでなく、更なる組織能力の向上に導くソフト面の考え方を
     提唱しています。
      経営品質アセッサーフォーラム ”学習する組織ワーキンググループ”
     では、この考え方を研究してきた成果をアセッサーの皆さんに易しく
     紹介し、皆さんの経営革新に役立てて頂こうと、以下の2回に
     別けてセミナーを開催いたします。
      講義とフィールドブックに順じたワークショップの効果的な組み合わせ
     で、組織力強化の中心的な考え方をアセッサーの皆さんにご理解頂き、
     経営革新を推進するスキルをアップして頂けるように構成しています。
      最初は、事前準備無くても参加できますが、最後は、しっかりと、
     学習する組織のスキルを身に付けるでしょう。
     多数の皆さんの参加をお待ちしております。

講師: 学習する組織ワーキンググループ
     (経営品質アセッサーフォーラムの理事を中心とするメンバーです。
      各ワークショップのグループに講師として付き、指導します)


  第2回 : 経営革新を推進する為に 「学習する組織」 から学ぼう ?
      −システム思考、 組織の行き詰まりを打破する7つのステップ、
          グループ学習ワークショップ付き−
    日時: 5月25日(火)  13:00〜17:00
    場所: 明日館  上記【01】に同じ
    資料: 当日配布。ピーター・センゲの”学習する組織「5つの能力」”
        (フィールドブック ¥3,000) を事前に目を通し、参加される
        ことを お勧めします。
    定員: 50名 (教室の都合により先着50名まで)
    費 用: 6,000円

申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-univ@egroups.co.jp   (担当理事:南、岩田、中井)
  お申し込みの際は、必ず氏名を入れてください。出来れば振り仮名付きで
  願います。   メールアドレスだけでは、識別できない場合があります。

費用支払方法:  会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします。

本件(JQAA大学)についてのお問い合わせも、 jqaa-univ@egroups.co.jp
に お願いいたします。

JQAA大学 (4月22日)

テーマタイトル:”経営革新を推進するために 「学習する組織」 から学ぼう”

概要:  経営革新を進める場合、仕組みだけを構築しても進まないことが多々
     あります。組織の壁、前例や意識の壁にぶつかり立ち往生している
     組織や、推進事務局も多いのではないでしょうか。
      ピーター・センゲはその著書 ”最強組織の法則”や、フィールド
     ブック”学習する組織「5つの能力」” の中でこれらの問題を解決
     するだけでなく、更なる組織能力の向上に導くソフト面の考え方を
     提唱しています。
      経営品質アセッサーフォーラム ”学習する組織ワーキンググループ”
     では、この考え方を研究してきた成果をアセッサーの皆さんに易しく
     紹介し、皆さんの経営革新に役立てて頂こうと、以下の2回に
     別けてセミナーを開催いたします。
      講義とフィールドブックに順じたワークショップの効果的な組み合わせ
     で、組織力強化の中心的な考え方をアセッサーの皆さんにご理解頂き、
     経営革新を推進するスキルをアップして頂けるように構成しています。
      最初は、事前準備無くても参加できますが、最後は、しっかりと、
     学習する組織のスキルを身に付けるでしょう。
     多数の皆さんの参加をお待ちしております。

講師: 学習する組織ワーキンググループ
     (経営品質アセッサーフォーラムの理事を中心とするメンバーです。
      各ワークショップのグループに講師として付き、指導します)

第1回 : 経営革新を推進する為に 「学習する組織」 から学ぼう ?
      −導入、自己実現、メンタルモデル、共有ビジョン、チーム学習、
           それぞれにグループ学習によるワークショップ付き−
    日時: 4月22日(木)  13:00〜17:00
    場所: 明日館  上記【01】に同じ
    資料: 当日配布。必ずしも上記の本を事前に学習して来なくても
         良いように構成します。
    定員: 50名 (教室の都合により先着50名まで)
    費 用: 6,000円

 

JQAA大学(10月3日開催)
テーマ: バランスト・スコアカード演習
講 師: ビジネスエクセレンスインスティチュート  野崎 通氏
日 時: 10月3日(金) 13:00〜17:00
場 所: 明日館(みょうにちかん)
     池袋駅から:徒歩6分 池袋「ホテルメトロポリタン」の目白側の近く
     目白駅から:徒歩7分 JR池袋方面 「婦人の友社」近く
     TEL : 03-3971-7535  FAX : 03-3971-2570

→ 明日館の地図はこちら
http://www.jqac.com/Website.nsf/8F7DCAA81E4EBB6E49256D790047E84C?OpenPage


概 要: 経営品質の向上を図る上で、結果をいろいろな視点から見る方法
      として、バランスト・スコアカードは有効なツールです。
 そこで今回は次の点につき学習します。
  (1)バランスト・スコアカードの導入に関する基礎講座
  (2)バランスト・スコアカードの策定までの演習
   {本年4月15日開催の内容で、ご好評により再度実施するものです}

申し込み方法: 資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-univ@egroups.co.jp   (担当理事:南、岩田、中井)
  定員は、40名ですが、現在30名が申し込まれています。残り僅かですので、
  早めにお申し込み下さい。

費 用:6,000円(会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします)


JQAA大学(9月17日開催)

お待たせしましたが、本年度のJQAA大学(第1回)を下記要領にて、開催
いたします。定員に余裕を持たせておりますが、早めに、下記の申し込み
先に参加のお申し込みをお願いいたします。

テーマ: 「プロセスとプロセスマネジメント」
 「副題」
〜日本経営品質賞の評価基準をプロセスマネジメントの観点から確認する〜

講 師:  いさおマネジメントオフィス 代表    万年 勲 氏

概 要:
経営品質向上プログラムの推進、経営品質賞の審査、ホワイトカラー
の生産性を高めるためのナレッジの共有などの際に重要となるのは、
「プロセス」の考え方、「プロセス思考」です。
その考え方と活用の仕方を、日本経営品質賞の審査経験の豊富な
第1人者がわかりやすく解説します

日 時:9月17日(水)  13:00〜17:00
場 所:自由学園 明日館(みょうにちかん)  (添付ファイル参照)
     池袋駅から:徒歩6分 池袋「ホテルメトロポリタン」の目白側の近く
     目白駅から:徒歩7分 JR池袋方面 「婦人の友社」近く
     TEL : 03-3971-7535  FAX : 03-3971-2570


申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-univ@e...   (担当理事:南、岩田、中井)
  定員に余裕を持たせておりますが、早めにお申し込み下さい。

費 用:6,000円(会場でお支払いいただき、領収書をお渡しいたします)

 

 

**************以下は2002年度実施分********************************

2003年7月以降のJQAA大学は、新理事選出後、再開します。

2002年度(2003年6月まで)のスケジュールは終了しました。ご支援有難うございました。

 

      2002年度 JQAA大学 講座 好評にて開講中!!


申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
   申し込み先   jqaa-univ@egroups.co.jp   (担当理事:遠藤、南)
費 用:6,000円(会場でお支払いいただき領収書をお渡しいたします)


(第4回 5月のJQAA大学)

5/13臨時通知:

20日に開催するJQAA大学講座の定員を40名として案内いたしましたが、
5月12日現在定員数に達しましたので、申し込みを締め切らせて頂きます。
会場と講座運営の都合によるものであり、事情をご賢察の上、ご了承願います。
              jqaa-univ@egroups.co.jp   (担当理事:遠藤、南)


5月10日通知:

多くの参加者により、毎回有益な学習ができましたが、今月の講座をもって
本年度の大学講座は終了します。6月以降については次期理事会が新たな
講座を続けて行くことになります。 最終講座には既に28人の参加申し込み
がきております。40人を定員としますのでふるって参加申し込みください


テーマ:ゴールドラット博士の「ザ・ゴール」のTOC(制約理論)講座
講 師:MSI社 代表取締役会長 小松 英二氏
日 時:5月20日(火)  13:00〜17:00
場 所:明日館(みょうにちかん)  (添付ファイル参照)
     池袋駅:徒歩6分 「ホテルロンドン」の近く
     目白駅:徒歩7分 JR池袋方面 「婦人の友社」近く
     TEL : 03-3971-7535  FAX : 03-3971-2570

概 要:危機的な企業をV事回復させた理論は何か。3部作も大ヒットした
考え方の本質を学びます。MBA賞を2度受賞したソレクトロンは全
体最適なプロセスの構築によって利益最大、利益速度の高速化を
達成している。部分最適では一流の日本的改善を、価値前提に
向ってのJQA思想に学ぶ。考え方の理解とその理論の演習まで
実施します。
申し込み方法:資料の準備がありますので、事前にお申し込み願います。
  申し込み先 jqaa-univ@egroups.co.jp   (担当理事:遠藤、南)
費 用:6,000円(会場でお支払いいただき領収書をお渡しいたします)


(第3回)
テーマ:バランスト・スコアカード演習
講 師:ビジネスエクセレンスインスティチュート  野崎 通氏
日 時:4月15日(火) 13:00〜17:00
場 所:明日館(みょうにちかん)  (添付ファイル参照)
     池袋駅:徒歩6分 「ホテルロンドン」の近く
     目白駅:徒歩7分 JR池袋方面 「婦人の友社」近く
     TEL : 03-3971-7535  FAX : 03-3971-2570
概 要:経営品質の向上を図る上で、結果をいろいろな視点から見る方法
     として、バランスト・スコアカードは有効なツールです。
そこで今回は次の点につき学習します。
(1)バランスト・スコアカードの導入に関する基礎講座
(2)バランスト・スコアカードの策定までの演習


(第2回)
テーマ: 「効果的な対話の進め方」
講 師: (有)ユアーズ    阿部 久美子氏
日 時: 11月19日(火)   13:00 〜17:00
概 要:「社会システム」の講師の岡本先生が 「対話」の重要性を強調して
     おられることを受けて、コーチングのスキルを取り入れながら、
     リスニング・質問技法・回答技法中心に学びます。
     「限られた時間の中、価値ある対話を実現する」ためのスキルを、
     グループ学習、ロールプレーなどで体験していただきます。
場 所:明日館(みょうにちかん)  (添付ファイル参照)
池袋駅:徒歩6分 「ホテルロンドン」の近く
     目白駅:徒歩7分 JR池袋方面 「婦人の友社」近く
     TEL : 03-3971-7535  FAX : 03-3971-2570

 

(第一回)
テーマ:「社会システムを革新するとは どういうことか」
    <講演とグループ討論を交えた「知」の交流>
講 師:(株)MPC代表取締役  岡本正耿 先生
日 時: 10月18日(金)  13:00〜17:00
概 要:目前に焦点を合わせた技術システム的な改善だけでは、日本企業
   が立ち直れないことは明らかになってきました。将来に備えた組織状態
   を描き、それに向かって全体的なシステムを「革新」していくことが求め
   られています。そこで必要なのは自分の組織を全体的に思考するアプ
   ローチです。
場 所:明日館(みょうにちかん)  (添付ファイル参照)
池袋駅:徒歩6分 「ホテルロンドン」の近く
     目白駅:徒歩7分 JR池袋方面 「婦人の友社」近く
     TEL : 03-3971-7535  FAX : 03-3971-2570


 

*************以下は2001年度実施分***************


(第1回)
テーマ:ハーマンモデル
講 師:ハーマンインターナショナル 半沢道夫氏
日 時:10月22日(月) 13時〜17時
場 所:渋谷「フォーラム8」(下記ホームページをご参照下さい)
http://www.forum-8.co.jp/k/forum8/map.html
内 容:ハーマンモデルは、ノーベル賞科学者ロジャー・スペリー
などの最新の大脳生理学の研究成果をもとにGEの能力
開発センター所長ネッド・ハーマンにより開発された、人の
「利き脳「を知る方法です。ハーマンモデルは個人や組織
の思考行動特性を数量化し、 その特性を具体的に評価し
て、 個人の能力開発や組織の活性化に役立てることがで
きます。 世界の多種多様な一流企業で採用され150万人
以上の実績があり経営品質向上のツールとしても有効です。
   なお本講座受講に先立ち、通常8,000円を要するハーマン
脳優位調査を事前に無料で受けることができます。

(第2回)
テーマ:「バランススコアカード」
講 師:富士ゼロックス(株)  野崎 通氏(当会理事)
日 時:11月20日(火) 13時〜17時
場 所:明日館(上記参照)
内 容:BSCは経営戦略を具現化し、遂行していくための強力な
    ツールとして米国では多数の企業が採用し、劇的な業績
    改善に結びつけています。日本的な組織風土や経営環境
    に適合したネオBSC経営をわかり易く説明して頂きます。
    この機会に是非とも日本企業再生の切り札といわれてい
    るBSCの基本を習得してください。
    なお講師は、今般『ネオバランススコアカード』(中央経済
    社)を共著。


(第3回)
テーマ:コーチング
講 師:有限会社ユアーズ   阿部久美子氏
日 時:平成13年12月11日(火) 13時〜17時
場 所:明日館(みょうにちかん)
http://www.jqac.com/JQAA/Upload.nsf/all/E1382959141D085149256B1A007ADF06
内 容:12/1号の東洋経済でも取り上げられたように、コーチ
     ングは、いま注目されている新しいスタイルの人材育成
     ツールです。コーチングのテーマとしては、経営戦略、組
     織活性化、人の使い方、上司・部下とのコミュニケーション、
     目標達成など、成し遂げたいこと、解決したいこと、直した
     いことなど、あらゆることが対象テーマとなります。
     この機会に是非コーチングの基礎を学び、現在抱えている
     問題解決に役立ててみませんか。
申込方法:k-agata@pb.jp.nec.com にお申し込み下さい。
費 用:6,000円(会場で領収書をお渡しいたします)

 

(第4回)
テーマ:ベンチマーキング
講 師:21経営創造コンサルティング  味方守信氏
日 時:3月12日(火) 13:00〜17:00
場 所:明日館(みょうにちかん)  ( 【01】 参照)
概 要:ベンチマーキングは、経営品質向上プログラムで非常に重要な考え
    方、手法とされています。自社のマネジメントが優れた企業のやり方と
    比較してどの程度の差があるのか、優良企業はどんなやり方をしてい
    るかを把握し自社の改善改革に結び付けていくものです。では具体的
    にどのようにしてベンチマーキングをすればよいのか?日本では優良
    企業との情報交換会、見学会等はやるにしても本格的なベンチマーキ
    ングの導入が余り進んでいません。 まずは米国流のシステマティック
    なやり方・進め方のプロセスを習得することが大切だと思います。是非
    ご参加下さい。
申込方法:k-agata@pb.jp.nec.com にお申し込み下さい。
費 用:6,000円(会場で領収書をお渡しいたします)

第5回以降の予定(詳細は別途)
お申込は受け付けております。

 

(第5回)
テーマ:シックスハット討議法
講 師:アメリカン マネジメント アソシエーション
    ゼネラルマネジャー兼6色ハット発想法セミナー
認定トレーナー   ウォルフガング・ルックス氏
     プログラム・ディレクター兼通訳    エリザベス・マツイ氏
日 時:平成14年4月16日(火) 13:00〜17:00
場 所:明日館(みょうにちかん)  ( 【01】 参照)
内 容:会議を創造的・効率的にする「シックスハット討議法」。
     白、赤、黄、黒、緑、青の6色の帽子を使って、会議の進め方を学び
     ます。データに基づく議論、アイディア創出、リスクチェック等多角的
     に討議内容を整理しながら、一方で会議の進行プロセスを明確にし
     て、会議の効率をあげ質の高い意思決定が出来るようにするもので
     す。我々の日常活動に占める会議時間は相当のものですが、「シッ
     クスハット討議法」は、この75%をカットできる方法といわれ、IBM、
     デュポン等、米国の多数の企業で活用されています。デボノ博士の
     発想法によるユニークで楽しい研修です。是非ご参加下さい。
申込方法:k-agata@pb.jp.nec.com にお申し込み下さい。

(第6回)
テーマ:ブレイクスルーシンキング
講 師:シスラボ・スエヒロ  末広 繁和氏
日 時:平成14年5月14日(火) 13:00〜17:00
場 所:明日館(みょうにちかん)
内 容:日本経営品質賞の基本理念のなかに、他の組織とは異なる見方、
     考え方、方法による価値実現を目指す独自能力の追求があります。
     ブレイクスルー思考は、独自能力を高める思考の一つで、過去・
     現在を分析し、現状ベースで考える分析型思考に対して、まず、
     根源(目的)を問うことで未来から学ぶ、デザインアプローチの思考
     です。7つの原則の紹介と目的の目的を追求する、目的展開を体験
     します。
申込方法:k-agata@pb.jp.nec.com にお申し込み下さい。
費 用:6、000円(会場で領収書をお渡し致します。)

 

*************以下は2000年度実施分***************

第2回  ISO9000 と2000バージョン
講 師:NEC品質推進部長 坂 康夫氏
日 時:2月26日(月) 13時〜17時
場 所:フォーラム8(渋谷)

第3回 コンピテンシー(行動特性)による人材棚卸
講 師:アサヒビール(株)人事戦略部
日 時:3月21日(水) 13時〜17時
場 所:未定

第4回 シックスシグマ
講 師 :NEC総研 社長 阿片公夫氏 主席研究員 有賀和彦氏
日 時 :4月4日(水) 13時〜17時


第5回 IT革命とネットビジネス
講 師:日本総研 新谷文夫氏
日 時:5月23日(水) 13時〜17時


追加講義「人材開発 エニアグラムによるチームビルディング」
講 師:ヒューマックス 木村孝氏
日 時:5月8日(火) 13時〜17時
備 考:月例研究会で10/16実施した講演に実習を加え再度実施

 




Copyright (C) 2010 JQAA. All Rights Reserved. Supported by bizknowledge